<h1>骨粗鬆症とプラセンタ | プラセンタと更年期障害の症状と効果 | 更年期障害の症状を緩和する方法</h1>

骨粗鬆症とプラセンタ | プラセンタと更年期障害の症状と効果 | 更年期障害の症状を緩和する方法

更年期障害について | プラセンタと更年期障害の症状と効果、動脈硬化に対するプラセンタの有効性などを紹介しています。アラフィフ世代は本物の情緒不安定な世代ではないでしょうか。それに伴って、特に女性の不安定さは一生のうちで一番ひどいと思います。アラフィフ世代の不安定期な女性たちに、素敵な情報を発信するために立ち上げました。

骨粗鬆症とプラセンタ

更年期以降の女性の症状に多く見られるのが「骨粗鬆症」です。
骨は周知の通り、カルシュウムで構成されています。50歳を過ぎると、このカルシュウム成分を形成する力が衰えるため、骨がスカスカの状態になるのです。
これを「骨粗鬆症」といいます。

 

骨粗鬆症に罹った骨は骨折しやすくなります。
特に女性のかたで80歳を過ぎると、腿のつけ根の大腿骨頸部が骨折しやすくなり、寝たきりになるケースが多いです。
それが原因でアルツハイマーに罹ることもあります。

 

今は若い方でも、無理なダイエットが原因で腿のつけ根の骨粗鬆症に罹ることも少なくありません。

 

骨密度(カルシュウムの密度)と女性ホルモンの関係はかなり重要だと言えます。

 

プラセンタと女性ホルモンの関係は前回でも説明しましたとおり、プラセンタには女性ホルモンの過剰な分泌を抑え、また衰えた分泌を補う効果があります。
骨粗鬆症もプラセンタを投与することによって、ホルモンのバランスを整え、骨粗鬆症の原因の一つであるエストロゲンの分泌を促し、改善が期待できます。

 

更年期障害が現れる50歳代前後の女性がエストロゲンを投与することにより、ホルモンの分泌を促してくれるので、更年期障害の症状が軽くなり体への負担が軽減されます。

 

プラセンタでの更年期の対処法は、多くの更年期障害でお悩みの女性に大変効果のある治療法です。

 

骨粗鬆症 
動脈硬化症 
萎縮性膣炎  
自律神経失調症

 

 

関連サイト

フェイスブックのコメント機能をお借りしています。投稿していただく際はフェイスブックにログインしてください。投稿したコメントはフェイスブックに表示・非表示が選べます。