<h1>自律神経失調症とプラセンタ | プラセンタと更年期障害 | 更年期障害の症状を緩和する方法</h1>

自律神経失調症とプラセンタ | プラセンタと更年期障害 | 更年期障害の症状を緩和する方法

自律神経失調症とプラセンタ | プラセンタと更年期障害 | 更年期障害の改善やサプリメント、プラセンタの有効性などを紹介しています。アラフィフ世代は本物の情緒不安定な世代ではないでしょうか。それに伴って、特に女性の不安定さは一生のうちで一番ひどいと思います。アラフィフ世代の不安定期な女性たちに、素敵な情報を発信するために立ち上げました。

自律神経失調症とプラセンタ

閉経前後の女性の方がよくなる症状、急に体中が熱くなる・首から上が熱くなる・動悸・息切れ・めまい.....これらの症状の殆どは、自律神経の崩れから起こる症状です。(別の疾患がある場合があるので、一概に断定はできません。)

 

エストロゲン(女性ホルモン)の減少に伴い、女性ホルモンが調整される場所が自律神経と同じ大脳の視床下部にある為、自律神経に影響を与えます。

 

ホルモンのバランスが保たれている間は、精神面を安定させることができますが、崩れてくると大変不安定になります。

 

ひどくなると「鬱」の症状が出てきます。

 

実は私も何か月間かそのような症状に悩まされました。

 

何もしたくない。それだけならばまだいい方で、何もかもが嫌になってくる。今まで自分が生きてきたことさえ否定してしまう。そんな気持ちは経験した方でないとわかりません。

 

私の場合は長期間ではなかったので幸運でしたが、中には長期間にわたって症状が治まらない人もいます。

 

プラセンタを投与したからと言って、こうひどくなるとたぶんあまり効果は期待できないでしょう。
そのような症状でお悩みの方は、まず心療内科か婦人科の医師に相談することが一番です。

 

そうなる前の予防策として、日頃からプラセンタでホルモンバランスの崩れを穏やかにし、ケアすることをおススメします。

 

更年期障害が現れる50歳代前後の女性がエストロゲンを投与することにより、ホルモンの分泌を促してくれるので、更年期障害の症状が軽くなり体への負担が軽減されます。

 

プラセンタでの更年期の対処法は、多くの更年期障害でお悩みの女性に大変効果のある治療法です。

 

 

骨粗鬆症 
動脈硬化症 
萎縮性膣炎  
自律神経失調症

 

関連サイト

フェイスブックのコメント機能をお借りしています。投稿していただく際はフェイスブックにログインしてください。投稿したコメントはフェイスブックに表示・非表示が選べます。