<h1>プラセンタと更年期障害 | 更年期障害の症状を緩和する方法</h1>

萎縮性膣炎とプラセンタ | プラセンタと更年期障害 | 更年期障害の症状を緩和する方法

萎縮性膣炎とプラセンタ | プラセンタと更年期障害 | 更年期障害の改善やサプリメント、プラセンタの有効性などを紹介しています。アラフィフ世代は本物の情緒不安定な世代ではないでしょうか。それに伴って、特に女性の不安定さは一生のうちで一番ひどいと思います。アラフィフ世代の不安定期な女性たちに、素敵な情報を発信するために立ち上げました。

萎縮性膣炎とプラセンタ

女性ホルモンの最大の役割は、なんといっても女性が子供を授かる要因となる役目を果たすことです。
排卵期の女性の卵巣に精子が入りやすくするための子宮頸部から粘液の分泌を盛んにするのもエストロゲン(女性ホルモン)です。

 

50代前後の女性のエストロゲン減少は「退行期疾患」と言われ、膣の粘膜が薄くなり、ちょっとした刺激に敏感になる為、炎症を起こし出血や悪臭のあるオリモノをともないます。これを「萎縮性膣炎」といいます。

 

プラセンタはここでも女性ホルモンの分泌を促し、萎縮性膣炎になる確率を下げています。

 

更年期障害が現れる50歳代前後の女性がエストロゲンを投与することにより、ホルモンの分泌を促してくれるので、更年期障害の症状が軽くなり体への負担が軽減されます。

 

プラセンタでの更年期の対処法は、多くの更年期障害でお悩みの女性に大変効果のある治療法です。

 

骨粗鬆症 
動脈硬化症 
萎縮性膣炎  
自律神経失調症

 

関連サイト

フェイスブックのコメント機能をお借りしています。投稿していただく際はフェイスブックにログインしてください。投稿したコメントはフェイスブックに表示・非表示が選べます。