<h1>動脈硬化症とプラセンタ | プラセンタと更年期障害 | 更年期障害の症状を緩和する方法</h1>

動脈硬化症とプラセンタ | プラセンタと更年期障害 | 更年期障害の症状を緩和する方法

更年期障害について | プラセンタと更年期障害の症状と効果、動脈硬化に対するプラセンタの有効性などを紹介しています。アラフィフ世代は本物の情緒不安定な世代ではないでしょうか。それに伴って、特に女性の不安定さは一生のうちで一番ひどいと思います。アラフィフ世代の不安定期な女性たちに、素敵な情報を発信するために立ち上げました。

動脈硬化症とプラセンタ

ご近所の奥様で子供の幼稚園時代からのお付き合いがあった方が、50代全般の若さでお亡くなりになられました。かなりショックでした(泣)

 

原因は、「脳梗塞」

 

年はたしか私と同い年だったと思います。

 

ホルモンのバランスが崩れてくると、血管にも大きな影響があります。
女性は閉経後に動脈硬化症が発症しやすくなります。
動脈硬化は血管の壁が厚くなり、血液の流れを悪くします。それに相まってエストロゲンの減少はコレステロールを増加させる要因になり、細くなって血流の悪くなった血管にコレステロールの影響でドロドロになった血が固まってしまうと、血流を止めてしまい、脳梗塞の原因になります。

 

プラセンタの内分泌作用はこの動脈硬化症やコレステロールの増加にも効果があります。
ホルモンのバランスを調節してくれるプラセンタを投与することにより、動脈硬化の症状や悪玉コレステロールの過剰発症を抑えて、致命的な病気の発症を防ぐ効果に期待できます。

 

更年期障害が現れる50歳代前後の女性がエストロゲンを投与することにより、ホルモンの分泌を促してくれるので、更年期障害の症状が軽くなり体への負担が軽減されます。

 

プラセンタでの更年期の対処法は、多くの更年期障害でお悩みの女性に大変効果のある治療法です。

 

 

骨粗鬆症 
動脈硬化症 
萎縮性膣炎  
自律神経失調症

 

関連サイト

フェイスブックのコメント機能をお借りしています。投稿していただく際はフェイスブックにログインしてください。投稿したコメントはフェイスブックに表示・非表示が選べます。