<h1>プラセンタと更年期障害 | 更年期障害の症状を緩和する方法</h1>

プラセンタと更年期障害 | 更年期障害の症状を緩和する方法

プラセンタと更年期障害 | 更年期障害の改善やサプリメント、プラセンタの有効性などを紹介しています。アラフィフ世代は本物の情緒不安定な世代ではないでしょうか。それに伴って、特に女性の不安定さは一生のうちで一番ひどいと思います。アラフィフ世代の不安定期な女性たちに、素敵な情報を発信するために立ち上げました。

プラセンタと更年期障害

プラセンタと更年期障害の記事一覧

プラセンタが更年期障害の改善に良いということは周知のとおりですが、プラセンタの中に女性ホルモンが入っているわけではありません。

 

プラセンタには、ホルモン分泌を促進させる作用があり、女性ホルモン剤を使わずに体内での分泌を促す効果を発揮させる作用があります。

 

最近では、プラセンタが女性ホルモンを促すサプリメントとして注目されています。

 

■プラセンタの原料とは.....

 

プラセンタは「胎盤」から抽出されます。胎盤はご存知の通り赤ちゃんがお腹の中で大きくなる要素を兼ね備えた、いわば「胎児の命の源」です。
赤ちゃんをお腹で育てる哺乳動物全てに備わったものなのです。

 

日本で使われるプラセンタは、主に「豚」の胎盤を使っています。
他にも牛・馬・人・羊などのプラセンタがあります。

 

もちろんプラセンタに使われる胎盤が安全なものかどうかを綿密に検査し、証明書が発行されているものであることが絶対条件となります。

 

 

>>プラセンタと更年期障害の症状と効果

 

関連サイト

フェイスブックのコメント機能をお借りしています。投稿していただく際はフェイスブックにログインしてください。投稿したコメントはフェイスブックに表示・非表示が選べます。

プラセンタと更年期障害 | 更年期障害の症状を緩和する方法記事一覧

更年期とは45歳〜55歳の閉経間近の子供を産むことが出来なくなってくる世代の、第2の過度期ともいえるでしょう。月経が止まると心身が不安定な状態になります。それが安定するまでは個人差があり、1年で安定する人、一生安定しない人など様々です。プラセンタが更年期障害に効果がある理由は、エストロゲンの分泌低下によりホルモンのバランスが崩れた時、プラセンタにはエストロゲンの分泌の乱れを調節し、安定させる作用が...

更年期以降の女性の症状に多く見られるのが「骨粗鬆症」です。骨は周知の通り、カルシュウムで構成されています。50歳を過ぎると、このカルシュウム成分を形成する力が衰えるため、骨がスカスカの状態になるのです。これを「骨粗鬆症」といいます。骨粗鬆症に罹った骨は骨折しやすくなります。特に女性のかたで80歳を過ぎると、腿のつけ根の大腿骨頸部が骨折しやすくなり、寝たきりになるケースが多いです。それが原因でアルツ...

ご近所の奥様で子供の幼稚園時代からのお付き合いがあった方が、50代全般の若さでお亡くなりになられました。かなりショックでした(泣)原因は、「脳梗塞」年はたしか私と同い年だったと思います。ホルモンのバランスが崩れてくると、血管にも大きな影響があります。女性は閉経後に動脈硬化症が発症しやすくなります。動脈硬化は血管の壁が厚くなり、血液の流れを悪くします。それに相まってエストロゲンの減少はコレステロール...

女性ホルモンの最大の役割は、なんといっても女性が子供を授かる要因となる役目を果たすことです。排卵期の女性の卵巣に精子が入りやすくするための子宮頸部から粘液の分泌を盛んにするのもエストロゲン(女性ホルモン)です。50代前後の女性のエストロゲン減少は「退行期疾患」と言われ、膣の粘膜が薄くなり、ちょっとした刺激に敏感になる為、炎症を起こし出血や悪臭のあるオリモノをともないます。これを「萎縮性膣炎」といい...

閉経前後の女性の方がよくなる症状、急に体中が熱くなる・首から上が熱くなる・動悸・息切れ・めまい.....これらの症状の殆どは、自律神経の崩れから起こる症状です。(別の疾患がある場合があるので、一概に断定はできません。)エストロゲン(女性ホルモン)の減少に伴い、女性ホルモンが調整される場所が自律神経と同じ大脳の視床下部にある為、自律神経に影響を与えます。ホルモンのバランスが保たれている間は、精神面を...