<h1>抜け毛・薄毛 |更年期障害について | 更年期障害の症状を緩和する方法</h1>

更年期障害の症状を緩和する方法

抜け毛・薄毛 | 更年期障害について | 更年期障害の改善やサプリメント、プラセンタの有効性などを紹介しています。アラフィフ世代は本物の情緒不安定な世代ではないでしょうか。それに伴って、特に女性の不安定さは一生のうちで一番ひどいと思います。アラフィフ世代の不安定期な女性たちに、素敵な情報を発信するために立ち上げました。

抜け毛・薄毛について

抜け毛・薄毛
わたしが一番悩んでいる事が「薄毛」

 

今までこれを記事にすることに抵抗を感じていました。
なぜならば私はかなりの薄毛だからです(泣)
ウィッグをかぶらないと外出することさえできませんww

 

エストロゲンは、毛髪を発達させ、毛髪の成長期を持続させる、という働きがあります。
エストロゲンが減少することで、髪の成長期が阻害されてしまいます。。
そして、1つの毛穴から出る髪の本数が減ったり、髪が細くなったり、髪の色が薄くなったりして、全体的に薄くなっていきます。
これは女性特有の脱毛症で、「女性型脱毛症」や「びまん性脱毛症」といいます。

 

そこで私は調べてみました。
どうしたら薄毛が改善されるのか・・・・・・・

 

1、大豆(イソフラボン)を食べること

 

イソフラボンの栄養素はエストロゲンの働きと似ているものがありますので、おススメです!
納豆・ピーナッツ・ひよこ豆・味噌など、日常でも普通に食べることができますよね。

 

2、軽い運動をする

 

日ごろから運動をしていると、卵巣の機能低下防止につながります。
有酸素運動(ウォーキングなど)は血行促進につながり、エストロゲンの低下を緩和し、脂肪の燃焼を促進してコレステロールを下げる効果もあります。

 

3、ストレスの解消

 

毛髪とストレスは非常に密接な関係があります。
また、女性ホルモンを分泌するように指令を出す脳の視床下部は、エストロゲン減少の影響でホルモンの分泌が低下してしまったことに対して過度に対処しようとし、バランスを崩してしまいます。
そういうことから精神的にストレスを大きく受けやすい状態になってしまう。
特に薄毛の遺伝子を受け継いでいらっしゃる方は、もろに受けやすい状態になります。

 

対処法としては、好きなことをやってみる。友達とたまに外食をする、など、自分の時間を見つけてください。
私は一か月に1回は友達と昼食をしながら日ごろの愚痴をこぼしています^^

 

4、ホルモン療法を受けましょう

 

これが一番の近道かもしれませんね。

 

>> ホルモン療法はこちらです

 

5、プラセンタを試してみる

 

ホルモン療法に抵抗を感じる方は、こちらもいいかもです。

 

>> プラセンタはこちらです

 

症状別カテゴリ一覧
フェイスブックのコメント機能をお借りしています。投稿していただく際はフェイスブックにログインしてください。投稿したコメントはフェイスブックに表示・非表示が選べます。