<h1>更年期障害の症状を緩和する方法</h1>

エストロゲン補充療法の疑問点

エストロゲンを補充してから効果が現れるまでの期間や、効果についての疑問や他の薬と併用しても良いのか等の疑問について書いています。

エストロゲン補充療法の疑問点

エストロゲン療法を受ける前にやるべき検査

血液検査でエストロゲンと卵胞刺激ホルモンをしらべます。
その結果が血中のエストロゲン(E2)30pg/mL 以下、卵胞刺激ホルモン(FSH)30mIU/mL 以上であれば治療を開始するのですが、その前に、肝機能、コレステロール、貧血・血液凝固、尿検査、乳がん検診、子宮頸がん、体がんなどの検査をやります。

 

エストロゲン療法の効果はどれぐらいで出るのか?

たいていは3日〜3か月ぐらいで効いてきます。
個人の体質によっても変ってきます。
ホットフラッシュ・不眠・膣炎・粘膜の乾きなどには効果的です。

 

エストロゲン療法が効かない時もあるのか?

ホルモン療法は、エストロゲンを補充することによって症状を改善するお薬なので、エストロゲン低下が原因でない場合は効き目が出ないことがあります。その場合は他の検査が必要になります。

 

ホルモン剤と他の薬をいっしょに飲んでも良いのか?

乳がん、子宮がん、血栓症の薬を飲んでいる方は併用できません。
また、血糖値を下げる薬を飲んでいる方がホルモン剤を併用すると、血糖の降下の作用が弱まります。
風邪薬や鎮痛剤など、普段の常備薬との併用は問題ないです。

 

エストロゲン療法を受けられない人は?

乳癌・子宮癌・血栓症の方は原則受けられません。
また子宮筋腫・乳腺症・糖尿病・高血圧・肝機能障害の方は、医師のしっかりとした管理の元で受けてください。(大きな病院または、更年期障害に詳しい婦人科)

 

追伸:
閉経していなくてもエストロゲン療法を受けることができますが、その場合も婦人科または大きな病院での検査を受けてからにしてください。

 

 
 ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ一覧
症状別カテゴリ一覧
フェイスブックのコメント機能をお借りしています。投稿していただく際はフェイスブックにログインしてください。投稿したコメントはフェイスブックに表示・非表示が選べます。