<h1>更年期障害の症状を緩和する方法</h1>

更年期障害

更年期障害とは、50歳代前後(閉経前後)の女性に起こる症状で、卵巣の機能低下によりエストロゲンの欠乏がホルモンのバランスを崩し、心身に様々な不調が現れることです。

更年期障害とは

更年期障害と生活環境の関係性

 

自分事で恐縮ですが、ここ10年ほどの内に様々な症状が出始め、婦人科・心療内科などに足を運びました。
最終的には心療内科のお薬で治療中です。

 

これまでの経験で自分なりにわかってきたことは、自分の生きてきた経緯にも更年期の症状の出具合が関係しているということです。
幼少期から現在までの自分の歩んできた道のりは決して楽しいとは言えなかったことも含めて、40代後半から50代にかけて馬車馬のように働いてきた脳がかなり疲れている状態になり、機能低下してしまった事も更年期障害の大きな要因になっていると言えます。

 

心療内科でははっきりとした病名を教えてくれません。
このたび医療保険に入ろうと思い契約しようとしたら、病名が必要だということで聞きました。

 

下された病名は「自律神経失調症」「適応障害」ということでした。
「うつ病と言われたらどうしよう」と思っていたのですが、大きなくくりで言えば「うつ病」も当てはまりますが、今の症状は「自律神経失調症」「適応障害」が近いということでした。

 

この病気と更年期障害の症状はほとんど同じです。
HRT療法でも改善が見られない場合は、心療内科で診てもらうことをおススメします。

 

関連記事:更年期障害と心療内科

更年期障害の症状

症状としては、自律神経失調症様の症状、脈が速くなる(頻脈)、動悸がする、血圧が激しく上下する、腹痛、微熱、そのほか女性の場合はホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、疲労感、口の渇き、のどのつかえ、息切れ、下痢、便秘、腰痛、しびれ、知覚過敏、関節痛、筋肉痛、性交痛、生理不順など。

 

その他に更年期障害の一種で「更年期うつ病」があります。
私の知り合いが患ってしまい、精神科に入院している時に、窓から飛び降り自殺をしてしまいました。こうなると事は深刻です。

 

日本人の約2000万人の女性がこのどれかの症状で悩んでいます。
しかし、医師の診断で「更年期障害」と診断されるのはこの中の2〜3割にすぎません。

 

 

 

フェイスブックのコメント機能をお借りしています。投稿していただく際はフェイスブックにログインしてください。投稿したコメントはフェイスブックに表示・非表示が選べます。

更年期障害 | 50代過ぎ女性のつらい病気記事一覧

エストロゲンが減少すると、体のあちこちに症状が出てきます。検査をしてもどこも異常がない。日常の生活に支障をきたすほどではないのだが、とにかく辛い。家族に理解してもらえず、一人で悩んでいる。こんな悩みを抱えている女性は沢山いらっしゃいます。症状別の相談をグラフにしてみました。医者に罹った方が、どの科で診てもらうのか統計を作りました。症状別ページ症状1 ホットフラッシュ症状2 動悸・息切れ症状3 冷え...

まず最初に・・・エストロゲンは女性の体にとって、非常に重要な役割を担っています。・排卵や子宮内膜を増殖させて妊娠の準備を整える・乳房を発達させて女性らしい体をつくる・骨をつくる・自律神経のバランスを保つ・血液中の脂質を正常に保つ・このほか、脳・尿道・膀胱の一部・皮膚などに重要な作用をもつ更年期の治療法で一般的に用いられているのが、このエスロトゲンを補充してあげる、HRT(ホルモン補充療法)です。閉...

HRTに用いられる薬国内でよく使われているエストロゲン製剤用途別成分名薬剤名(用量)経口薬エストロゲン単剤結合型エストロゲンプレマリン錠(通常量)エストラジオールジュリナ錠0.5mg(1錠)(低用量)エストロゲン/黄体ホルモン配合剤エストラジオール/レボノルゲストレルウェールナラ配合錠(通常量)黄体ホルモン製剤酢酸メドロキシプロゲステロン(MPA)プロベラ、プロゲストン錠、ヒスロン錠ジドロゲステロ...

ホルモン療法にはリスクや副作用が伴うことがあります。生理様の出血これは、ホルモン剤の投与による女性本来の生理的現象で、危険性はありません。ただ、こういう症状が嫌な場合は、薬の量を加減して出血しない、又は少量に抑えることもできますので、そこは医師と相談して薬の量を決めていくようにします。筋腫が大きくなるそれはホルモン剤により、筋腫が刺激されるせいです。こういう場合は、ホルモン剤の量を半減したり、弱い...

卵胞刺激ホルモンとは:脳下垂体前葉から分泌されるホルモンで、卵巣の卵胞を成熟させ、卵胞ホルモン(発情を誘発するホルモン)の分泌を促すものです。閉じる乳腺症とは:乳腺にできる良性腫瘍で、乳癌と似ているので鑑別が難しい病気です。罹る年齢は30歳代〜50歳代に多く、痛みがある場合もあります。また、乳首から血の混じった分泌物・透明の分泌物がでることもあります。乳がんになる確率が普通の人の2倍以上になるとも...

桂枝茯苓丸料(けいしぶくりょうがんりょう)桂枝茯苓丸料は、「金匱要略」を原典とするのぼせ症で、血色よく、頭痛、肩こり、めまい、下腹部痛、足腰の冷えやうっ血等を伴う、月経不順、月経困難症、打撲傷、婦人更年期障害に用いられる漢方薬です。副作用:発疹・発赤・かゆみ・食欲不振重篤な症状:まれに下記のような症状が出る場合があります。肝機能障害(発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身...

エストロゲンの減少で、体内のコントロールが効かなくなった体は、脂っこい食事や辛い(しょっぱい)食事などが体の中でうまく消化されず、コレステロールや血圧などに影響を及ぼします。実際私も最近ではあまり多くの食べ物を食べられなくなっています。たまに外食などをすると、欲張ってしまいあれもこれもと食べるのですが、その報復がすぐに現れてしまいますww家に帰るなり、トイレに駆け込んでいる自分がとってもみじめにな...

項目塩分を控える糖分を摂りすぎない脂肪分は肉より魚・動物性より植物性の油食物繊維の多い食物を摂るカルシュウムをたくさん摂ろう簡単で低カロリーで美味しいレシピ♪塩分を控える塩分の摂りすぎは、高血圧症の原因の第1位です。エストロゲンの減少で血中のコレステロール値が上がると、動脈硬化になる確率が上がります。また、代謝も衰えるため、太りやくなり、高血圧症になる人が多くなります。動脈硬化+高血圧=脳梗塞・脳...

カルシュウムの豊富な食べ物一覧食物繊維の豊富な食べ物一覧脂肪酸100g当りの多価不飽和脂肪酸含有量カルシュウムの豊富な食べ物一覧食品可食部100グラム中における量食品名含有量(r)食品名含有量(r)干しえび7100がん漬け4000パセリ(乾燥)3600バジル(粉)3100パプリカ(粉)2700かたくちいわし(田作り)2500ベーキングパウダー2400かたくちいわし(煮干)2200さくらえび(巣干し...

レジスタンス運動とは:スクワットや腕立て伏せ・ダンベル体操などの標的とする筋肉に抵抗(レジスタンス)をかける動作を繰り返し行う運動をレジスタンス運動と言います。10-15回程度の回数を反復し、それを1-3セット無理のない範囲で行うことが勧められます。出典:厚生労働省e−ヘルスネット閉じる体力が下降している更年期の世代は、適度な運動をすることによって更年期障害を和らげる効果があります。肥満・血液の循...

交感神経とは:自律神経の一部をなすもので,この神経の興奮が外界からのストレスに対する反応としての広範な身体部位の反応(全身皮膚の立毛現象,血圧上昇など)を招くために交感sympathetic(ともに感ずるの意)という語が冠されている。交感神経は,心臓血管系,皮膚の汗腺や立毛筋,瞳孔散大筋,胸腹部のすべての内臓に分布してノルアドレナリンを放出する遠心性要素と,内臓の痛みを伝える求心性要素とからなる。...

運動をした後や急いで駆け足になった時など動悸が激しくなりますが、それとは別に何も激しく動いていないのに動悸や息切れがしやすくなるのが更年期の症状の特徴です。これはエストロゲン減少の影響で自律神経がうまく働いてくれないと起こります。自律神経は、心臓の拍動や呼吸のコントロールをしてくれるので、その機能が乱れてしまうと動悸や息切れが起こるようになります。そのような時は慌てないで鼻から大きく息を吸い込み、...

ジンゲロールとは:ジンゲロール(Gingerol)はジンジャー(Ginger)に由来した呼び名です。生姜の成分で、免疫機能の活性化・殺菌作用・血管拡張・抗酸化作用、その他様々な効果があります。閉じるカリウムとは:人体の細胞内液に多く存在するもの。エネルギー代謝・神経興奮の伝達・筋肉の収縮などに重要な関係性があります。ナトリウム(塩分)を多く摂った時はカリウムの多い植物性の食品を多く摂ることは大事な...

メニエール病とは:内耳の病気で、繰り返し続くめまい、耳鳴り、耳が塞がった感じ、難聴など様々な耳の症状が現れます。立っていられないが横になってもめまいがひどくなります。ストレス、自律神経や代謝の異常などが原因と考えられています。閉じる脳腫瘍とは:脳内部にできる新生物。小児脳腫瘍は妊娠中のウィルス感染が原因と推定されています。脳内が始まりの腫瘍(原発性腫瘍)と肺がん・乳がんなどの転移による転移性腫瘍が...

だるさが半端なく押し寄せる、眠ってるんですが眠い、など生活に支障をきたす場合は更年期障害、うつ病、貧血、甲状腺の病気などが考えられます。この症状は更年期の症状の中でも最も悩まされるものです。誰かにだるい、眠いと言っても理解されないことが多いですから。怠けてるとかだらしないとかで片づけられてしまうことが多く、本当のうつ病になりかねません。上手くたち振る舞う事が出来ればいいですよね。例えば、掃除は目立...

こんなことでなんでイライラするんだろう、と思うほど、ちょっとしたことで怒りっぽくなっている自分に腹が立つときがあります。仕事仲間の中でも、私と同じ年の方がいて、廻りの人のちょっとしたことに腹を立てています。性格もあるのでしょうが、その方はホルモン療法を受けてて、「症状がひどくなる一方」と悩んでいました。そして、一番気になるのが「気分の落ち込み」です。自律神経失調症というのは、医学界では病気として認...

シェーグレン症候群とは:涙腺、唾液腺の分泌低下による外分泌腺の慢性炎症性の病気です。45歳過ぎの女性に多く、症状は目の痛みや眼精疲労、口が乾く、虫歯の増加などで、関節リュウマチや膠原病を合併する場合があります。閉じるエストロゲンの減少は、唾液の分泌も減らしてしまいます。唾液は虫歯菌を減らしてくれる働きがありますので、ちょっと油断してしまうと虫歯や歯周病になってしまいます。そして骨粗しょう症も口腔ト...

高血圧とは、血圧測定で最大血圧が140mmHg以上あるいは最小血圧が90mmHg以上の場合の方が当てはまります。ちなみに私は、子宮・卵巣を摘出してから測った血圧が最大140mmHg、最小85mmHgでした。そしてまだ子宮・卵巣がある頃の血圧と言ったらこれもビックリなんですが、最大が80mmHg、最小が40mmHg ここ強調します。今はギリギリセーフでしょうか??微妙なところですね(^^;)これは自...

わたしが一番悩んでいる事が「薄毛」今までこれを記事にすることに抵抗を感じていました。なぜならば私はかなりの薄毛だからです(泣)ウィッグをかぶらないと外出することさえできませんwwエストロゲンは、毛髪を発達させ、毛髪の成長期を持続させる、という働きがあります。エストロゲンが減少することで、髪の成長期が阻害されてしまいます。。そして、1つの毛穴から出る髪の本数が減ったり、髪が細くなったり、髪の色が薄く...

時々(一日に1回ほど)体中が小刻みに震えだすことがあります。動悸も早く感じ、私どうしちゃったんだろう??と思います。時間にして30分前後でしょうか。長いときは一時間にも感じます。見た感じは震えている様子が見えないので、他の人からは普通に見えますが、本人としては尋常な精神ではいられないです。私はまだ軽い方ですが、ひどい方は救急車を呼ぶぐらいなんです。これがパニック障害です。パニック障害が起こる原因は...

過敏性腸症候群とは、腹痛や腹部の不快感に伴って、下痢や便秘が続く症状です。医療機関で検査しても異常が認められないのですが、大腸・小腸など腸全体に機能異常があることがわかってきました。先進国に多い病気で日本人の10〜15%の割合で発症しております。年齢層は20代〜40代に多く、また、男女比では女性が62.5%と多めです。原因としては、消化管運動異常、消化管知覚過敏、心理的異常などです。一部、感染性腸...

更年期の症状に悩まされ婦人科で薬を処方してもらうけれど、効果が得られない方が結構います。私も肩こり・ホットフラッシュ・めまい・・・・その他いろいろな症状に悩まされ婦人科に行きましたが、そこで心療内科を紹介されました。更年期障害というのは自律神経失調症の症状によく似ています。自律神経失調症というのは、交感神経(活動的にさせる神経)と副交感神経(休ませる神経)のアンバランスから生じる病気で、常に交感神...

このサイトを立ち上げてから、検索されるキーワードに多いのが、「HRT療法が効かない」「更年期 眠い だるい」などですが、私も現在そんな状態がずっと続いています。子宮・卵巣の摘出をしてから早10年以上が経ちますが、未だに更年期の症状は衰えることなく、しかも日に日に酷くなっていきます。と言うのも、家族にいろいろな問題を抱えてから増々症状が業火のように襲い掛かってきます。そんな時に知り合いの方から勧めら...