<h1>60代主婦 うつ病と向き合う</h1>

お蕎麦の日

お蕎麦の日 | 60代主婦のうつ病の生活の日記

お蕎麦の日

秋晴れの良い天気が続きます。

 

今日はメンタルクリニックの日。
夫婦で罹ってるなんてすごくおかしいんですけど、ここに行った帰りは必ず蕎麦ランチをして帰ります。

 

山形の七日町通りの「庄司屋」

 

岩合さんの写真

 

慶応年間、山形城三の丸吹張口の堀端にそば茶屋として創業した、山形では一番の老舗です。
先祖伝来の手打ちそばと、腰の強さが特徴です。
あと、厚焼き玉子が絶品!
私はいつも庄司屋ランチを、そして夫は「さらしな」が好きで熱燗と共にたのみます。

 

岩合さんの写真

 

子天丼にざるそば、サラダなどがついて1,000円。

 

今日は睡眠薬をちょっと軽めのに変えてもらいました。
最近体の痛みがひどくなってきたのですが、うまくコントロールしながら付き合っていきたいと思っています。
夫は、欝よりも躁の方が強いのですが、自分では認めていないので薬は変えず・・・・・

なによりも眠れること、食べれること、出せること(排尿・排便)が基本
それが崩れると心身ともに不快になり病気の原因にもなります。
ということで、向精神薬につきものの便秘を解消するために「桃核承気湯」を朝1回服用します。
桃核承気湯とは、体力中等度以上で、のぼせて便秘しがちな方の月経不順、月経痛、月経時や産後の精神不安、便秘、腰痛などに効果があります。

 

ということで、これからサイトの修復作業、頑張ります!

 

連結ベッド ワイドキング200【ボンネルコイルマットレス付き】フレームカラー:ナチュラル モダンライト・収納・コンセント付高級連結ベッド Liefe リーフェ

フェイスブックのコメント機能をお借りしています。投稿していただく際はフェイスブックにログインしてください。投稿したコメントはフェイスブックに表示・非表示が選べます。