<h1>60代主婦 うつ病と向き合う</h1>

薬は指示通りに!

薬は指示通りに! | 60代主婦のうつ病の生活の日記

薬は指示通りに!

平成29年6月14日

 

最近芸能人、よく騒ぎを起こしますよね〜
インパルスの堤下さん?ていうんですよね。
睡眠薬が私と同じものを処方されているようです。
「レンドルミン0.25mg」
これ、きついですよ。2,3回飲んだのですが、すぐに「フルニトラゼパム」に変えてもらいました。
それプラス、アレルギーの薬も併用しているとなると酷い状態になりますね。

 

薬はどの薬でも医者からの指示通りに飲まないとこういうミスが起きる。
私は勝手に止めたらひどい状態になりました。
今はちゃんと指示通りに飲んでいるので気分はいいです。
というか、「イフェクサー」が合っているのかな?
本当にいつになったら普通に生活できるのかと焦っていますが、焦ってもしょうがないんですよんね。
今日一日を精一杯生きること、それしかないです。

うちは商売をやっているのでいつも夫と顔を突き合わせています。
50代前半までは夫がいないとすごく気が楽になりました。
今はどっちでもいいかなって感じになってます。

 

よく熟年離婚の話を聞きますが、夫婦が本当の夫婦になるのは60過ぎてからでしょ。
確かにサラリーマンの家庭は夫が仕事に行ってる間は妻は自由ですから何でも好きなことが出来る。
しかし、定年でずっと家にいるとなるとかなりのストレスになると思います。
じゃ、商売やってる夫婦はというと、長年同じ目標を持って喧嘩をしながらでも一緒にいる事が良い効果をもたらしてるのじゃないかなって思います。
かなり精神力がいりますよ。
家の場合は特に職人気質の夫ですからね〜
鬱病になったのもたぶんこの夫婦関係が影響していると思うんですよ。

 

私は負けず嫌いでシャイなタイプ。夫は自分を基準になんでも決めるしかなり滑舌の良いタイプ。
やり込まれるのはどう考えても私の方ですからね。
今は若干逆転してるのでだいぶ楽になりました^^

フェイスブックのコメント機能をお借りしています。投稿していただく際はフェイスブックにログインしてください。投稿したコメントはフェイスブックに表示・非表示が選べます。