<h1>60代主婦 うつ病と向き合う</h1>

抗うつ剤は太る?

抗うつ剤は太る? | 60代主婦のうつ病の生活の日記

抗うつ剤は太る?

平成29年6月7日(木)

 

今日は孫の面倒をみました。

 

孫が出来る前は、「私は育児婆にはならないぞ!」なんて息巻いてましたが、いざ出来てみるとかわいいんです。
子供を3人育てましたが、子育てとは全然感覚が違ってとても楽しい。
疲れはあるけど、責任がないからかわいがるだけでいいし。

 

長男の孫2人は前のページでも書いたように離婚がきっかけで会うこともなくなって、二男の孫はと言うと、最初は嫁さんと家に入ってくれていたんですが、いろいろとあって今は出ていきました。
唯一会える孫は嫁に行った娘の男の子二人。
月に3回ぐらい家に連れてきてくれます。
今はそれが楽しみの一つです。

 

本当なら自分のやりたいことにのめり込みたいんですが、今はありません。
生きていくうちに見つかるだろうと気ままに構えています。
焦ってもしょうがないし、今日一日をどうにか過ごしています。

抗うつ剤を飲み始めてから3年ほどになりますが、体重が10キロ増加しました。

 

よく抗うつ剤は太ると言われますが、本当にそのせいなのかは疑問です。
動けない日がずっと続いていたし、運動不足もあるのかなって思ってます。

 

確かに太りやすい抗うつ剤はあります。
レメロン(リフレックス)やスルピリド(ドグマチール)などは食欲増進の効果があるので確かに体重が増える可能性は高いです。実際に私の体重増加はレメロンを服用してからでした。
レメロンは他にも強い副作用があります。便秘・眠気など。
しかし、止める時の離脱症状はほとんどなかったです。

 

逆にサインバルタ、レクサプロなどはあまり関係がないように思いますが、離脱症状が強いように感じました。

 

今飲んでいる薬は「イフェクサーSR」どちらかというとサインバルタに近いSNRIという分類のお薬です。
止める時は医者とよく相談してからにしなくてはですね。

フェイスブックのコメント機能をお借りしています。投稿していただく際はフェイスブックにログインしてください。投稿したコメントはフェイスブックに表示・非表示が選べます。