<h1>50代過ぎ女性のつらい病気</h1>

50代過ぎ女性のつらい病気

更年期世代の女性が一番悩んでいる身体の病気についてご紹介しています。

50代過ぎ女性のつらい病気

最新記事
子宮頸がんについて 子宮筋腫について

子宮頸がんについて

子宮頸がんとは、子宮の入り口にできる悪性腫瘍で、主に20代〜40代の若い女性が発症するガンです。子宮体ガンは子宮の奥に発症するもので頸ガンとはまた別の病気になります。現在、子宮頸がんの死亡率は他の5大ガン(大腸がん・胃がん・肝臓がん・肺がん・乳がん)が減少傾向にある中.....

子宮筋腫について

子宮筋腫とは、子宮の組織がエストロゲンの影響を受けて肥大化した腫瘍です。40代前半まではホルモンのバランスも活発に働いているので筋腫は大きく成長をします。更年期の年齢(40代後半から50代まで)になると、ホルモンの分泌も衰えてくるので、人によっては腫瘍も小さくなったり.....

子育ても終え、生活面でも安定してきた50代過ぎ、さあ!これからはたくさん楽しもう!!と思っていた矢先、体に不調をきたす。
こんな事ってたくさんの方が経験していらっしゃると思います。

 

まずは更年期障害、そして子宮の病気、だるさや考えることが不安だらけ。
考えれば考えるほど不安が増してくる。なんてことありませんか?

 

人生の大半を家族に捧げてきてこれからという時に体の不調が続いたり、精神的に落ち込んだりと、女性って本当に大変ですよね。

 

月経がなくなり、それに伴ってホルモン分泌が少なくなります。
ホルモンの減少は様々な体の不調を招きます。

 

子宮筋腫・子宮ガン・卵巣嚢腫・卵巣ガン・尿失禁・更年期障害・性交痛等々、様々な複雑な症状が出てきます。
「いったいこの体どうなってるの!?」
いう事がきかなくなってきた自分の体にイライラする日々に落ち込んでしまう。
でもこんな症状をやわらげることはできます。解決に向けて取り組んでみてはどうでしょうか。

 

>>更年期障害とは

 

うつ病日記始めました

おすすめの情報

卵巣がん

卵巣がん、手術と化学療法で粘り強い治療の大切さ 組織型や進行期、グレードを考慮した治療選択とは


子宮頸がん

早期発見、早期治療が進む子宮頸がん  病期ごとに、より低侵襲な手術や放射線治療が選択肢に


乳がん

乳房撮影時の乳房の症状が将来のがんリスクを上昇させる可能性


玉川温泉の岩盤浴

ご家庭でお使いのお布団やマットレスにかぶせるだけで秋田 玉川温泉の岩盤浴を体験できます。
高血圧症、動脈硬化症、婦人病、神経痛、皮膚病、喘息などに効果がある玉川温泉の岩盤浴を是非体験してみてください。


フェイスブックのコメント機能をお借りしています。投稿していただく際はフェイスブックにログインしてください。投稿したコメントはフェイスブックに表示・非表示が選べます。
更新履歴